24時間WEB予約 初診専用予約受付

歯を失った部分を補うための人工の歯のことです。

歯を失った場合の治療法としては様々なものがありますが、それぞれメリット・デメリットがあります。

入れ歯のメリット

  • 治療期間で見た目や食べること等の機能回復ができる
  • 保険内の治療も可能
  • 外せば簡単に手入れができるため、介護者の負担を減らせる
  • インプラントなどに比べて安価である

入れ歯のデメリット

  • 残っている歯に金属の留め金がかかるため、歯に負担がかかる
  • 合わないと、違和感や痛みがあり食事ができないケースがある
  • 前歯に近い場所だと、金属の留め金が見え、審美的に気になる
  • 入れ歯の下に物がはさまる

入れ歯の種類

部分入れ歯

部分入れ歯

部分的な歯の欠損を補う入れ歯です。残っている歯に留め金をかけ、安定させるもので、歯が1本ない場合から適応となります。ブリッジで対応できない症例やなるべく歯を削りたくない方は部分入れ歯にて対応します。

総入れ歯

総入れ歯

上もしくは下の歯が1本も残っていない状態の方に適応する入れ歯です。健康保険で適応できる総入れ歯はプラスチック製のものしかありませんが、保険適用外の総入れ歯には種類があります。

当院で対応可能な入れ歯の種類

金属床義歯

入れ歯

金属を使用した入れ歯です。使用する金属は、コバルトやチタン、白金加金で、軽くて強度に優れている、厚みを薄くできるため、違和感が少ない等の特徴があります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは、柔らかいプラスチックを使用した入れ歯のことで、金属を使用していないため、金属アレルギーの方にも使用でき、審美的にも優れている特徴があります。

マグネット式デンチャー

マグネット式デンチャー

磁石の力を利用して入れ歯を維持するのが、マグネット式デンチャーです。

金属のバネがないので、入れ歯だとわかりにくく、磁石の力でしっかりと固定されて、動きにくい入れ歯となっています。

保険レジン床

保険の入れ歯

保険治療で作る入れ歯のことです。保険適用なので、費用を抑えて作製できます。

保険の入れ歯なので強度的に壊れやすく、使用時に不具合が起きやすい特徴もあります。

BPSデンチャー

BPSデンチャー

BPSデンチャーは、噛み心地や審美性を追求した完全オーダーメイドの義歯です。

見た目がきれいで、自然な歯を再現できる

BPSデンチャーは、歯の形、歯茎の色味など、全体的なクオリティにこだわり製作されます。

入れ歯の歯の形、歯肉の色など全てにこだわって作っています。その方に合った完全受注製作の入れ歯なので、患者さんのご希望や理想とする歯の形も再現可能です。

BPSデンチャーはどの歯科医院も出来るわけではなく、BPSデンチャーの資格を有する歯科技工士が在籍または提携する歯科医院でのみ製作可能です。この技工士は入れ歯に関する専門的な知識・ハイクオリティの技術を持ち合わせているので、より自然で審美的なお口元や顔貌に近づけることが可能です。

短期間での製作

BPSデンチャーの製作工程は、あらかじめ決まっており仕組化されています。入れ歯が完成するまでの流れに無駄がでず、より短期間で完成度の高い入れ歯を実現できます。

食事・会話など口腔機能の改善

BPSデンチャーは、顎の関節やお口の周りの筋肉バランスを考慮して製作される入れ歯です。そのため食事の咀嚼、会話時の滑舌など、様々なシーンを想定し口腔機能全体をを細部まで再現可能です。失われた口腔機能をできるだけ、回復することを目指します。

入れ歯が合わない方へのご提案

シニア

当院では、多くの入れ歯治療に対応しております。費用や見た目、歯の状態等で選択肢は変わってきます。

また、過去に他医院で入れ歯を作ったが合わない、痛いという方は一度ご相談ください。入れ歯以外に、保険適応外ではありますが、インプラント治療にも対応しております。気になる方はお問い合わせください。

ご予約・お問合せ

272-0111
千葉県市川市妙典4-3-31 グレースコート妙典1F

東京メトロ東西線「妙典駅」東口徒歩1分

駐車場4台完備(医院前)

診療時間
047-712-8417

業者様専用電話:080-7494-3955

平日 
09:00-13:30/15:00-19:00(最終受付18:30)
土日祝
10:00-13:00/14:00-18:00(最終受付17:30)