24時間WEB予約 初診専用予約受付

当院では、お子さまの成長に合わせた矯正治療を行っております。

矯正相談は無料となっておりますので、お子さまの歯のお悩みはお気軽にお問い合わせください。

小児矯正の必要性

親子

小児矯正は、成長段階で始めることによって、顎の成長をコントロールしながら、成長スピードに合わせて治療を行います。

歯列矯正はもちろん大人になってからでも矯正治療はできますが、その場合、歯を抜いて歯並びを治すケースが多くあります。

歯を抜くことには抵抗を持っている方も多い中で、お子さまの頃から矯正を行うことで、顎の成長をコントロールしながら歯並びを改善していくので、結果的に歯を抜かずに治療を完了できるケースもあります。

小児矯正(子どもの矯正)を始める時期

検診

子供の矯正は、顎の骨が成長する6歳~14歳までの間に行うと効果的だと言われています。

この時期に矯正を行うことによって顎の大きさをコントロールすることで歯並びをコントロールすることができると言われています。

不正咬合が原因で起こるリスク

  • 唾液の作用が届かず、歯ブラシが届かないなどの理由で、虫歯や歯周病のリスクが高まる
  • 咬み合わせ歯全体で均等に当たらず、一ヶ所に集中するため負担がかかり、歯を失う可能性に繋がる
  • 咀嚼機能の低下による消化不良・栄養不足
  • 食べ物をうまく噛めない、噛み切れない
  • 発音障害
  • 集中力の低下
  • 見た目

子どもの頃から矯正を始めたいケース

矯正ケース

  • 上顎前突:上の前歯のが出ている状態、あるいは上顎の歯全体が前に出ている状態をいいます。
  • 受け口:下顎が上顎より前に出すぎた状態もしくは下の前歯が上の前歯より出ている状態のことをいいます。
  • すきっ歯:歯の間に隙間が空いていることです。正式名は空隙歯列や歯間離開歯といいます。
  • 叢生:顎のスペースが足りない、もしくは歯が大きいために、歯が重なって生えている状態です。
  • 開咬:奥歯は噛んでいるのに前歯が噛み合わずに、常に前歯があいた状態のことを言います。
  • 顎が左右どちらかにずれている場合
  • 受け口(下顎が上顎より前に出ている)
  • 極度の上顎前突 (出っ歯)
  • 歯の生えてきた位置が悪いため、後から生えてくる歯に悪影響を及ぼす可能性がある場合

治療の流れ

相談・初診

相談

精密検査

レントゲン

治療計画の立案・ご説明

リテーナー

矯正治療開始

装置装着

治療完了・定期チェック

検診

小児矯正の種類

床矯正

リテーナー

顎が小さい状態から顎の成長に合わせ、広げて歯が並ぶスペースを作っていく装置が「床矯正(しょうきょうせい)」です。顎の骨が硬くならない間に、矯正装置を1日決められた時間装着してもらうことで、子どもの顎骨の成長に合わせて歯並びを改善していきます。

現代、子どもの不正咬合の割合は増加傾向にあります。昔のお子さまよりもさらに小顔の子どもが多く、顎がその分小さくなっていますが、歯の大きさは変わらないため、歯が並ぶスペースが無くなり、不正咬合になってしまいます。

子どもの成長とともに矯正治療で治すことにより、大人になってからの矯正費用と手間暇・時間を省く事が可能になります。従来の矯正歯科治療よりも予算もかけずに、成長をともに歯列矯正を進めて行きます。

子どものマウスピース矯正

一般的な矯正治療と比較し、費用を抑えて始められる装置が、子ども用の簡易型マウスピース矯正です。ワイヤー矯正で治す完全な治療でなく、7~8割の「歯ならび」「咬み合わせ」の改善を目標とする矯正治療です。

お子様の成長過程にある口腔周囲筋をマウスピースの装着で鍛えることによって、自然と正しい歯並び・咬み合わせへと導きます。

子どものマウスピース矯正メリット

  • 口腔周囲筋を鍛えることができ、歯並びや顎の発達に影響を与え、歯列を改善する
  • 矯正費用を抑えながら歯並びを治すことがでる
  • ほぼ治るお子さまもいる
  • 痛みが少ない
  • 100%治す必要がある場合は上記の床矯正などに移行することも可能で最適なタイミングで進めていける
  • 悪習癖等の歯並びを悪くしている原因がら治すため、治療後の後戻りを予防できる

T4K(ティーフォーケイ)

T4K

さまざまな不正咬合に対応できる6~10歳児が対象の取り外し式のマウスピース型の矯正装置です。口腔筋機能トレーナー型の装置で、昼の1時間、または就寝時に装着するだけなので、小さいお子さまでも無理なく使用できます。

この装置は、悪習癖の改善に効果があり、正しい舌の位置、口呼吸や舌を突き出す癖の改善をし、正しい顎や歯並びの成長を促します。

ムーシールド

ムーンシールド

就寝時に使用する取外し式のマウスピース型の装置で、受け口・反対咬合のお子さまに対して使用する矯正装置です。3歳くらいから使用でき、乳歯の時期から使用することで、正常な顎の成長を促進することができます。

また、舌や口腔周囲筋をきたえることでも反対咬合を改善する効果があり、継続した使用で9割の受け口・反対咬合が改善するという報告もあります。

ご予約・お問合せ

272-0111
千葉県市川市妙典4-3-31 グレースコート妙典1F

東京メトロ東西線「妙典駅」東口徒歩1分

駐車場4台完備(医院前)

診療時間
047-712-8417

業者様専用電話:080-7494-3955

平日 
09:00-13:30/15:00-19:00(最終受付18:30)
土日祝
10:00-13:00/14:00-18:00(最終受付17:30)